5月前の青空。

Leaf cherry tree in blue…

朝方…といっても8時くらい。
空を見上げたら、白み始める前の青空だった。
桜はもう完全に葉桜になってしまっていたが、その青の中にある新緑が妙に印象に残った。5月前の青空
撮影機材:iPhone X(望遠レンズ側撮影)
設定:焦点距離52mm(35mm判換算)、ISO16、1/585秒、F2.4、Photoshopにて色相+10、彩度+20、明度+5の調整

iPhone Xに変え、初めてのデュアルレンズモデルだったので、あえて望遠レンズ側で撮ってみた。
実際はもっと白っぽい感じに仕上がってしまったのだが、あえてPhotoshopで加工してみた。
実際裸眼で見た時の印象はまさにこんな感じだったのである。
…人間の脳内補正でそう見えていただけ、という事なのだろうか?

iPhone Xに限らず、Appleのスマートフォンは色味に関しては実に綺麗に仕上がる。
Appleの拘りなのかもしれないが、現実離れしたような色味にならないギリギリのところでの調整という感じである。
ただ、スマートフォンでこれだけの写真が撮れるとなると、カメラが売れなくなったというのもよく分かる話である。
それでも、本格的に撮影しようと思えば、光学的に優れた本職カメラの登場が必要になるのだが、イマドキ、果たしてどれだけの人が、その本格的な撮影を望むのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください