今年はどうも桜を撮るタイミングが得られない。

Cherry blossoms, before it falls …

おそらく来週になればもう散り始めるであろう桜。
その前に何とか撮影しておきたい、そう思い、珍しくカメラを手に外に出たが、生憎今日も曇り空。
今年はとことんタイミングが悪い。
マトモに青天の下の桜は一度も見ていないような気がする。

よく桜の起源がどこなのか? という話題で一部のアジアの国で言い争っている事があるが、正直、起源なんてどこでもいい話。
今現在どこが一番綺麗に咲き乱れるのか、風情があるのか? といった事を論じる方が、よほど現実的である。
桜という花に、何を思ってその景観を見るのか?
おそらく見る人の感情にも左右される話であり、その感情を揺さぶる事のできる環境を作っている事にこそ意味がある。
桜が咲き、そして散っていくその様をどう捉え、そのイメージを景観に重ねる事ができずして、桜は美しくは成り得ない。これで空が青ければ…
撮影機材:Olympus OM-D E-M1&M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
設定:焦点距離80mm(35mm判換算)、ISO200、1/400秒、F6.3、Vivid仕上げ
アートフィルター:ポップアート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください