雪の翌日の朝。

Snow contrast seen in the valley

出社してふと空を見上げると、そこには谷間から出てきた陽に照らされた雪景色と、まだ陽に当たっていない雪景色のコントラストが目に入ってきた。
同じ雪でも受けるイメージがまるで異なる雪景色。
一望にして相反する感情を映し出すこの一瞬を切り取ろうとして、手持ちのiPhone6 Plusで撮影した。氷点下の煌めき
iPhoneでもこれぐらいは撮れるという証しではあるが、できるならE-M1で撮りたかった…。

撮影機材:iPhone6 Plus
設定:焦点距離29mm(35mm判換算)、ISO32、1/1721秒、F2.2、JPEG撮って出し

設定にJPEG撮って出しとは書いたが、一応ナンバープレートにはぼかしを入れた。
個人情報の取り扱いは重要とは分かってはいるが、面倒な時代になったな、と感じなくもない。
ありのままをそのまま伝えられない時代。それは本当に正しい時代なのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください