初めて見た時は驚いた。

Huge inverted triangle

今でこそ見慣れたが、この巨大な逆三角形を初めて見た時には軽い衝撃を受けた。
4本の柱で支えられているとはいえ、明らかに接地面積を超える巨大な構造物が、かなりの高さに持ち上げられている。
建築物の技術もスゴイことになってきてるな、と考えつつ、山間部に開通した高速道路の橋脚の高さを脳裏に浮かべ、「ま、そんなに不可能な話でもないのか」と一人納得した事を思い出す。
時に20万人の人間が行き交うこの建築物。この日は恐ろしい程、人の気配を感じなかった。
こんな静けさに包まれたBIGSIGHTも存在するんだな、と妙な気持ちになった。初めて見た時は軽い衝撃を受けた
撮影機材:Olympus OM-D E-M1&M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
設定:焦点距離32mm(35mm判換算)、ISO200、1/400秒、F10、JPEG撮って出し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください