その碧き空の向こうに何があるのか?

Olympus Blue

Kodak Blueとも呼ばれる、Olympusカメラ独特の色合い。
そこから生み出される碧い空は、フィルム時代は確かにKodakによる一因だったかもしれないが、今に至ってはOlympusが独自に調律した青の響き。
青か?
それとも碧か?
いや、時には蒼かもしれない。
しかして、それらの色合いは言葉で伝わる色合いとはまた異なる、旋律のブルー。旋律のブルー
撮影機材:Olympus OM-D E-M1&M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
設定:焦点距離24mm(35mm判換算)、ISO200、1/500秒、F10、JPEG撮って出し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください